治療法・治療器機


◎手技療法・徒手整復・運動療法
手技による患部の筋緊張緩和、血行促進、除痛、早期回復を目的に行います。
また、徒手による骨折、脱臼の整復、固定を行い、外観にも傷を残さず、運動療法やリハビリを行うことで、機能的にも早期の回復を 目指します。運動療法で は筋力の強化、支持筋力の回復、変形の予防、関節可動域の増大に向けて行っており、運動方法の指導から院内でも器機を利用して行 います。

◎超音波画像診断機
産婦人科などでも利用されているものと同じように超音波の反射を利用し画像に映し出す機械です。レントゲンの様に放射線を使わ ず、また超音波は静止画ではなく動画として映し出すことができるので運動器の損傷の診断にはより有効性が高いと考えます。


◎温罨法・冷罨法
患部を温めることや冷やすことにより、患部の血行改善を促し発痛物質の生成抑制除去をすることと筋緊張の緩和、障害組織の回復を 図ります。


◎電気療法
患部の筋に電気を通すことで他動的に筋肉を他動的に収縮・弛緩させることにより血流を良くし、疼痛の除去を図ります。また神経を 刺激し、神経による痛 みや痺れ、知覚鈍麻や麻痺に対しても効果が得られます。当院ではSSP、低周波治療器、干渉波治療器等を用いて部位や症状に合わ せて利用しておりま す。その他マイクロ波、超音波、振動機、ローラーベッドを用います。マイクロ波、超音波は到達深度が高く、深部の筋や組織の血行 改善で疼痛抑制、除 去、組織回復を促します。

SSP治療器・・・silver spike point therapyという機械を使い、患部の損傷筋、神経等に対して細かくアプローチしていきます。またこの器機ははり治療に近い効果があり、到達深度も 高く深部まで効果を発揮します。また1/fというゆらぎ効果のある、人体にとって一番心地の良いリズムを利用し効果を高めます。


◎牽引療法
腰椎、頸椎牽引器機を用いて牽引を行い、圧迫のある椎体間の負荷の軽減や牽引によるストレッチ効果による筋緊張緩和や血行の促進 等の効果が得られます。

◎はり・きゅう治療
はり治療では、現代医学、西洋医学的に筋や神経に対しアプローチし、またその患部に刺さっている鍼に電気を流すなどの方法を用い て治療する方法や東洋 医学、中医学的に経絡経穴(ツボ)への刺入により気血の調整や実症虚証の改善により内科系疾患にも効果を図ります。また皮内鍼 (貼るタイプの短い鍼) 等を用いる場合もございます。
きゅう治療は熱刺激を用いて血行改善や筋緊張緩和の他、灸(よもぎ)の成分による薬効によっての改善を図ります。

◎その他
その他電気光線器機や微弱電流器(スーパーライザー・スポットビーム)などを用いる治療もございます。またテーピング治療なども 行っております。